top of page
検索
  • miekotado

写真雑誌をJCIIライブラリーに寄贈

1990年にパリに住み始めてすぐに、写真に関する情報を求めて雑誌Photographies Magazine(フォトグラフィ・マガジン)の定期購読を始めた。

 

気付けばその数は60冊余りに上り、日本へ引っ越した後は、ただでさえ狭い住まいの空間をさらに狭いものにしていたが、ありがたいことに今年、日本カメラ財団JCIIライブラリーに新たな居場所を提供していただいた。

 

Photographies Magazineはフランスで1987年から1997年まで11年にわたり90冊発行されたので、私の蔵書はそのうちの約7割をカバーしていることになる。

 

廃刊の原因はデジタル写真の台頭によるものだが、私がパリで求めていた、写真を撮って現像してプリントするという、アナログな銀塩写真の最後の輝きがこの60冊余りの中に詰まっている。

 

テキストはフランス語だが、いわゆるカメラ雑誌とは違い、写真家の作品を堪能したい方にご活用いただければ幸いである。




閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

News: グループ展 「VINTAGE ヴィンテージ・プリント写真展」

gallery bauhausでは、年末年始の休廊期間を挟み、来年2月24日(土)までの会期で「VINTAGEヴィンテージ・プリント写真展」が開催されています。 http://gallery-bauhaus.com/231206_vintage.html 銀塩写真がまだ健在だったころの印画紙にプリントされたヴィンテージ写真です。 国内外の著名写真家の作品に交じって、私のヴィンテージ・プリントも数点

田所美惠子作品展『パリ ふたつの静物』を振り返る

これまでにないほど暑い9月に開催された展覧会でしたが、10月1日に無事終了しました。会場には多くの方々に脚を運んでいただき、オリジナルプリントをじかにご覧いただいたことに心より感謝申し上げます。 今回展示した作品は2つのシリーズ「静物」と「ショーウィンドー」から選んだものです。 そのうちの野菜果物の静物は、8x10の改造カメラで撮影し、フィルムを密着プリントしたことで、針穴写真の画像の中でも最良の

田所美惠子作品展『パリ ふたつの静物』は10月1日まで開催です。

これまで多くの方々にご覧いただき誠にありがとうございました。1か月間の会期も残すところ1週間となりました。 写真の発明から150周年にあたる1989年のパリで偶然出会った針穴写真は、それまで漠然と描いていた黒白写真を撮り、プリントしたいという私の夢に、はっきりとした方向性を与えることになりました。 針穴写真はカメラ作りからプリントまですべて自分の手で創り出すことができますが、私はとくに暗室の中でプ

Comentarios


bottom of page